忍者ブログ
主婦ですが 雨の日は ブログかな
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

癌を患う以前の私は
自分が癌に侵されるなんて
思っても見なかったし
ましてや、癌を患った人の気持ちを
思いやることさえなかった。

いや、ずっと健康体でいたから
病気になった人の苦しみを
理解しようともしていなかった。

自分が死に直面する病気に
なって初めて、気づいたことが
あまりにも多い。

死への恐怖感も
もう治らないのでは、という暗闇も
なんとか治療をうけて
生きようとする人の強さも
家族や周囲の思いやりも
癌が私に教えてくれたことだ。

病気を患ってからは
病気で痛い・つらい思いをしている人の
気持ちが、以前よりは
わかるようになった気がするのだ。

最近「100回泣くこと」という本を読んだ。

この本は、
二人暮しを始めたばかりの
若い女性が卵巣がんに侵され
亡くなる話。
物語は女性の恋人の視線で
書かれていて、
一番大切な人を
突然奪われ、
悲しみや苦しみで
もがき続け、そして
死を受け入れ、前を向くまでの
苦悩が描かれていた。

人とともに生きるということは
いつか必ず失う悲しみがあり、
そして失う悲しみを与えること。。

癌を患ったとき
苦しんだのは自分だけじゃない、
一緒にいた家族も苦しんでいたことを
この本を読んで思った。

相手の立場で思いやるって
簡単そうでとっても難しい。

先日、犬の散歩をしていたら
今年の初めに突然、ご主人を
亡くした隣人に偶然出会った。

ふっくらした体型は
誰かわからないくらいスマートになり
悲しみの深さを感じたけど

「主人の死で何もする元気もなかったけど
飼っている犬の世話はしなくちゃいけないから
それで救われた気がするの」

と笑顔で話してくれた。

悲しみでつらい時間を過ごす時も
それを乗り越え、笑顔をとりもどす時も
崇高で人間らしい営みなんだとふと思った。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ 人気ブログランキングへ

100回泣くこと

100回泣くこと

価格:480円(税込、送料別)


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 私に欠けてること
あつこさんのブログを拝見してて、自分に欠けていることを気がつかせて貰いました。「自分だけが辛い」ってずっと思ってて家族特に主人の気持ちを思いやる余裕に欠けていました。
私も「100回泣くこと」を早速読んでみますね!
気がつかせてくれてありがとうございます!!(自分の至らなさが恥ずかしい・・・)
ノンノン 2010/08/23(Mon)19:39:06 編集
» ノンノンさん
いやあ、告知直後は
家族のことを思いやる
余裕なんか私もなかったです。
今頃になって
やっとです。
思いやりの心をもつことは
本当に難しいです。
2010/09/01 17:03
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー


05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
本日のおすすめ


プロフィール

HN:
はる あつこ
性別:
女性
自己紹介:
日曜の朝、美味しいパンを
食べながら「ワンピース」を
みるのが楽しみ。
ピンクリボン
バーコード
アドガー
ランキング
ランキングに参加しています。
はるっポチ!お願いします。
↓ ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
最新CM
[11/15 いずみ]
[11/14 今日子]
[11/11 ノンノン]
[11/11 もー]
[10/04 zakuro]
ブログ内検索

Copyright © [ はるっぽ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]