忍者ブログ
主婦ですが 雨の日は ブログかな
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この記事は、
1 叔父の死によせて

のつづきの記事になります。

叔父は、昨年、夏に
腹部・大動脈瘤の手術を受けました。

だけどまだ、
心臓に近い部分と
背中側の二箇所にも
大動脈瘤があって、
いつ破裂してもおかしくない
状態だったので
年末には、再び手術を受けました。

二回めの手術は、心臓に近い大動脈を
人工血管に置き換えるというもので
心臓を一時的に停止させ
人工心肺装置を用いての
大掛かりな手術ということで
かなり危険な手術だったそうです。

手術は、成功、ただし
一箇所のみで、背中側は
残ったままになったそうです。

術後は安定しているとの
連絡をうけ、安心していました。
手術の後遺症なのか
人工透析が必要な体になったけど
家にも、もどることができました。

でも、今年になり、うすくなった血管から出血。
再入院、それからは、絶対安静になりました。

そうしているうちに
背中側に残っていた
大動脈瘤が破裂し
三回目の手術となりました。

手術後、叔父は危篤状態に。
人工透析もできないくらいに弱り
寝たきりの状態になりました。

カラダはチューブだらけ。
のどにも管を通し
言葉を発することさえもできず
足の方にはもう血液が届かず
壊死がすすみ

そして、今年の五月の終わりに
叔父は息をひきとったのです。

昨年、六月に精密検査で
大動脈瘤がわかってから
一年でした。

大動脈瘤は全く症状がない病気で
叔父は本当に元気で健康でした。
叔父はどんな思いだったのでしょうか。

今、健康なのに
手術しなければ、破裂して命を奪われるかも。
だけど、手術しても、命の保障はない。
どっちを選択しても、
今のような健康な生活は送れない
そんな、出口の無い状態を
どのように受けとめようとしたのかな。
いや、受け止められないまま
だったかもしれません。

乳がんを患ったときは、
叔父のような選択肢のない状態では
なかったけど、それでも
光が見えない時期が一ヶ月程続き
苦しくて、苦しくてたまらなかったから

叔父は、もっともっと
つらく、苦しかっただろうなと
思ってしまうのです。

今まで、身内を亡くしたときとは
全くちがう気持ちで、叔父の葬儀に
参列している自分がいました。
つづく

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ 人気ブログランキングへ

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー


07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
本日のおすすめ


プロフィール

HN:
はる あつこ
性別:
女性
自己紹介:
日曜の朝、美味しいパンを
食べながら「ワンピース」を
みるのが楽しみ。
ピンクリボン
バーコード
アドガー
ランキング
ランキングに参加しています。
はるっポチ!お願いします。
↓ ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
最新CM
[11/15 いずみ]
[11/14 今日子]
[11/11 ノンノン]
[11/11 もー]
[10/04 zakuro]
ブログ内検索

Copyright © [ はるっぽ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]