忍者ブログ
主婦ですが 雨の日は ブログかな
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私が、まだ30歳になったばかりの頃
一枚のはがきが届きました。

思い出すのに少し
時間がかかりましたが、
差出人は、高校時代の同級生。

名前をしっている程度の人で
高校時代も、卒業してからも
全くつきあいのない人だったので

何だろう。。

ちょっと不審に思いながら
目を通しました。
驚きました。

「心臓病で余命わずかの
中山博久君(仮名)を
救いたい」
「心臓移植と渡米費用を
カンパして欲しい」
という内容のハガキだったのです。

中山博久君とは
高校二年生の時同じクラスで
一緒に授業をうけ、
修学旅行にも行き
文化祭も一緒に活動し
楽しい思い出をつくった友人の一人です。
卒業後は全くつきあいもなく
中山君が、そんな、命にかかわる
病気になったなんて、
信じられない気持ちでした。

私は、すぐに
書いてある差出人に
電話をして確認しなくちゃと
思ったし、
ハガキに書いてある口座に
カンパのお金を振り込みたいとも
思いました。

だけど、当時、仕事で
朝早くから
夜遅くまで
くたくたになっていて
自分のことで精一杯。

電話機の近くにハガキを
置いたまま、電話をかけることなく
カンパもすることなく
月日は流れてしまったのです。

そして、私は
仕事をやめ、
結婚でその地を離れたのです。

だけど、私は、時々
中山君の笑顔を思い出すことがありました。
そして、命の炎を懸命に
消さないようがんばっている姿と
それを支える中山君の友人たちに
後ろめたい気持ちを
ずっと持っていた気がします。

その気持ちは、私が乳がんを
患ったことで、さらに強くなりました。

命が絶たれるかもしれないと
いう思いを抱いたとき、
そして、どんなものにでも
すがりたい気持ちになったとき
なんとかして
生きたいと思ったし
死んでたまるかとも思った。。

手術後、落ち着いてから
私は以前よりもまして
中山君がどれだけ
助けを求めていたか
どんな思いだったかが
身にしみてわかる気がしました。

生きているのかなあ。。。

そんなとき
30年ぶりで
高校の同窓会の
話があったのです。

どうしよう・・・
中山君は生きているのだろうか。
一番に思ったことでした。

お正月の同窓会
出席か欠席か・・・
最後まで悩みました。

長くなったので続きは次回かきます。
(つづく)

最近、ランキングを応援してくださる人が
めっきり減ってしまい、気がついたら
自分の応援だけという日もあります。

なが~く続けて生きたいので
更新の活力になる応援を
どうかよろしくお願いします。
     ↓           ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ




 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
久しぶりの同窓会にそんな思いもあったのですね。
どうだったのでしょうか。

こちらのきたの久しぶりになってしまいました。
応援してきます凸☆
菜の花子 URL 2010/01/11(Mon)09:11:21 編集
» 菜の花子さんへ
相談にのっていただきありがとう。
迷いましたが、参加しました。
もうね、だんしが・・・
メタボと薄毛というか
デブとハゲ?
でさっぱり面影なしよ。
じょしは
名前はでなくても
わかる人が多かったです。

楽しかったです~
2010/01/15 16:32
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー


05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
本日のおすすめ


プロフィール

HN:
はる あつこ
性別:
女性
自己紹介:
日曜の朝、美味しいパンを
食べながら「ワンピース」を
みるのが楽しみ。
ピンクリボン
バーコード
アドガー
ランキング
ランキングに参加しています。
はるっポチ!お願いします。
↓ ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
最新CM
[11/15 いずみ]
[11/14 今日子]
[11/11 ノンノン]
[11/11 もー]
[10/04 zakuro]
ブログ内検索

Copyright © [ はるっぽ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]